赤ちゃんの牛乳アレルギー 粉ミルクは大丈夫?アレルギー用おすすめは?


赤ちゃんが牛乳アレルギーだと
粉ミルクは飲めないんでしょうか?


それとも、牛乳アレルギーと
ミルクアレルギーは別物なのかな?


アレルギー用の粉ミルクって
美味しくないって本当?


いっぱいあるけど、どれがいいの?
どれも同じなのかなぁ・・・などなど


今回は牛乳アレルギーと
粉ミルクについてお伝えしますね。


スポンサードリンク
  

赤ちゃんの牛乳アレルギー 粉ミルクは飲める?飲めない?

病院で「牛乳アレルギー」と診断されたら、アレルギー用のミルクをすすめられると思います。粉ミルクの成分は、牛乳を元にしたものだからですね。


原材料を見てみると「ホエイ」や「カゼイン」「脱脂粉乳」などなど、アレルゲンがたくさん入っているんですよね。


では、牛乳アレルギーと粉ミルクアレルギーは同じものなの?と言うと、まったく同じではないようです。


なぜなら、粉ミルクアレルギーは「新生児・乳児消化管アレルギー」という、特殊型の食物アレルギーに分類されるから。


この違いは、牛乳アレルギーが即時型ですぐ蕁麻疹などが出るのに比べて、粉ミルクアレルギーは1日以内の症状で、吐いたりするのが特徴だそうです。


詳しくは「新生児・乳児消化管アレルギー」のページを読んでみて下さいね。


何だか難しい話しですが「赤ちゃんがアレルギーを起こす」という事実に変わりはないので、まずは主治医の指示を仰ぎましょう。


アレルギー用ミルクは「段階」というか「レベル」というか、原材料や分子量にそれぞれ違いがありますので、アレルギーの重さによっては、飲めないものもあるからです。


今は完母であっても、仕事復帰の予定や保育園に預ける予定があるなどで粉ミルクを検討している場合は、子供のアレルギーに適したミルクを主治医と相談して決めて下さいね。勝手に選んじゃダメですよ。


また、年齢によっては「もうミルクはいらないだろう」という判断になるかもしれないですしね。離乳食でうまくバランスが摂れれば、栄養素的にも問題ないと思います。


不安な方は、栄養指導も同時に相談するといいです。アレルギー用ミルクで不足しがちなビオチンやカルニチンなどの摂り方などを聞いておくと安心です。


スポンサードリンク

アレルギー用 粉ミルクのおすすめは?

アレルギー用ミルクとは、アレルゲンになるたんぱく質を加水分解して低アレルゲン化したものです。上でお話ししたように、アレルギー用ミルクには種類があって


「アミノ酸調整粉末」エレメンタルフォーミュラ
「たんぱく加水分解乳」ニューMA1、MA-mi、ミルフィーHP、ペプディエット
「ペプチドミルク」E赤ちゃん、ペプチドミルク(アイクレオ)


この辺りが有名だと思うのですが、ペプチドミルクはアレルゲンが残っているので、牛乳アレルギーの「治療用」ではなく「予防用」と考えた方がいいそうです。


また、この中でも「乳頭を含むもの・含まないもの」「原材料がカゼインのもの・ホエイのもの」など色々違いがありますから、よく相談して購入して下さい。


あとは大豆粉乳の「ボンラクト」というミルクもありますが、あまり長い間飲ませると大豆アレルギーになる可能性があるので、使用したい場合はアレルギー専門医に指導を受けましょう。


このようにそれぞれ特徴が違うため、一概に「おすすめ」が言えないのですが、基本的には低分子化すると苦くなるようですね。


ちょっと匂いが気になるミルクもありますし、飲み始める月齢によっては難しい場合もあるようです。特に離乳食が進んでいる子は、味の違いがわかりますものね(^_^;)


うまく離乳食がすすんでいれば無理に飲ませず、ハンバーグに混ぜたりみそ汁にちょっと入れる・・・という手もあります。


普通の粉ミルクが飲めなくても、アレルギー科の主治医とママと赤ちゃんとで力を合わせて、1歩ずつ進んでいきましょうね^^

スポンサードリンク
ブログランキング

「ためになった」と思ったら
応援して下さい(´∀`*)

アレルギーの病気 ブログランキングへ

アレルギー児育児 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。