シラカバと交差するリンゴアレルギー バラ科の果物には注意


シラカバで花粉症の症状が出たら
りんごや桃には注意が必要です。


逆に、りんごアレルギーがあるなら
他の果物や、花粉にも
気をつけた方がいいんですね。


この「花粉」と「果物」の
関係についてお伝えします。


スポンサードリンク

シラカバ花粉症とリンゴアレルギーの関係

花粉と果物の交差抗原性については「果物アレルギーの症状と特徴、種類について」のページ内で詳しくお話ししていますが


「スギ&トマト」と同じように有名なのが「シラカバ&リンゴ」です。


花粉症が先で、後に交差抗原性のあるフルーツで発症してしまうのが「口腔アレルギー症候群(OAS)」と呼ばれていますが、先に果物アレルギーが出て、後に花粉症になる場合もあるそうです。


学童~成人では前者、小児では後者が多いそうであんこちゃんのお友達の果物アレっ子は、2人が前者のパターンでした。


「口腔アレルギー症候群」ですから、主に口周りや喉に症状が出ますが「花粉-食物アレルギー症候群(PFAS)」という、全身に症状が出てしまう場合もあります。


スポンサードリンク

気をつけるべき食品は

注意した方がいいものはバラ科の果物で、モモやスモモ、サクランボ、ナシ、イチゴ、アンズ、ビワなど。


ナッツ系ではクルミ、アーモンド、ヘーゼルナッツ(ハシバミ)、ココナッツなど。マメ科ではピーナッツや大豆など。


野菜ではニンジン、ジャガイモ、セロリなど。他にはキウイ、メロン、オレンジ、ライチなども関連するようです。


これら全てをいきなり「今日から完全除去!」するのは大変ですから、まずはシラカバ花粉症が出たり、リンゴでアレルギー反応が出たら


医師とよく相談の上で検査をするなり、除去する項目を決めたりして下さい。


反応するのはこれらのたんぱく質に対してなので、加熱や加工されたものには基本反応しない事が多いんですが


ここは個人差があるところですので「加熱すれば100%大丈夫」というわけではありません。その日の体調にもよりますしね。


ちなみにモモやバナナ、セロリは加熱しても抗原性が弱まらないらしいで、注意です。


基本的には加熱や加工に不安定な抗原なので、血液検査では陰性と出ることもありますが、実際に果物を食べて口や喉がピリピリしたり、痒くなったりするのであれば

OASの可能性は高いですから、食べるのは避けた方が無難です。こういった場合は皮膚テストで調べることが可能です。


腕の内側にちょっとだけ針を刺して反応をみる「プリックテスト」ですが、除去すべき果物が明確になるので受けてみてはいかがでしょうか。


針の痛みは、子供でも「あんまり痛くなかった」という程度です。15~20分くらいで結果がわかりますよ^^

スポンサードリンク
ブログランキング

「ためになった」と思ったら
応援して下さい(´∀`*)

アレルギーの病気 ブログランキングへ

アレルギー児育児 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。