ブタクサの花粉症と果物アレルギーの関係


ある植物の花粉が原因で
アレルギー症状を起こす花粉症と


果物を食べると症状が出る
食物アレルギーには
実は密接な関係があります。


今回は「ブタクサ花粉」と
気をつけるべき果物について
お伝えしたいと思います。


スポンサードリンク

ブタクサ花粉と交差抗原性のある果物

今まで「シラカバ花粉とリンゴ(バラ科の果物)」「スギ花粉とトマト」の関係性についてお話ししてきましたが、今回のテーマは「ブタクサ花粉とウリ科の果物」についてです。


上記ページでもお話ししていますが、先に花粉症を発症し後に果物でもアレルギー反応を起こすようになるパターンが多く、私の周りでも何人かがこのパターンで口腔アレルギー症候群(OAS)になっています。


つまりブタクサの花粉症がある場合は、果物(特にウリ科)でもアレルギー症状が出るようになるかもしれない、ということですね。


100%そうなるわけではありませんが「なりやすい」という事実がある以上は、交差抗原性のある果物は食べすぎないようにした方がいいです。


確率としては、10人に1人と言われています。毎日食べたり、一度にたくさん食べたりすると、一気にコップから溢れ出るかもしれません。


小さい頃は平気だったのに突然食べられなくなるのは、こういうことなんだそうですよ。


スポンサードリンク


アレルギーはまだまだ解明されていない部分が多く、人によっても違うので、ハッキリ「こうだ」と断定できないのが困りどころなんですが


一般的にはブタクサに交差反応する果物は、メロンやスイカなどのウリ科のもの。ウリ科ですから、野菜のキュウリやズッキーニも同じです。


バナナはバショウ科ですが、抗原の構造がにているらしく身体が的だと勘違いするので、やはりOASの症状が出やすいようですね。


OASの場合は唇や舌が痒くなったり、痛くなったり、喉が痒い、イガイガする、ピリピリするなど口の周りに症状が出ますが


「花粉-食物アレルギー症候群(PFAS)」と言って、嘔吐や下痢、腹痛、蕁麻疹など全身に重い症状が出る場合もあります。


アナフィラキシーショックを避けるためにも、花粉症が出た時点で交差する果物を医師に確認しておき、どう対処すべきかよく話し合っておきましょう。


耳鼻科の先生は、食物アレルギーに詳しくない場合もありますので、そういった時にはまず気をつけるべき果物を調べておいて、あまり食べさせないようにします。


その上で、アレルギー科に行って相談し血液検査を受けるか、プリックテスト(皮膚テスト)を受けるなどしてアレルゲンを確定しておけば安心です。


プリックテストは皮膚科でも受けられますが、アレルギー科の方が今後の除去指導など詳しく教えてくれますので、給食が心配だったり原因となる果物を確定しておきたい場合は、アレルギー科をおすすめします。


「大したことないから・・・」と食べ続けると、症状が悪化する危険性があることを覚えておいて下さいね。

スポンサードリンク
ブログランキング

「ためになった」と思ったら
応援して下さい(´∀`*)

アレルギーの病気 ブログランキングへ

アレルギー児育児 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。