アレルギーの「クラス」とは?数値の見方と考え方

rastclass


アレルギー症状を起こす原因は何か?
これを見つけるためには
いくつかの検査方法があります。


「食物アレルギーの検査方法|こどもはどんな検査をするの?」


↑こちらのページでもお話ししたように
主に行われるのが「血液検査」と
「皮膚テスト」ですね。


スポンサードリンク

血液検査は「特異的IgE検査」「RAST検査」と呼ばれます

採血後1週間程度で結果がわかり、13項目までは保険適用の範囲ですから、疑わしいものを選んで検査するとよいと思います。


うちの場合、はじめてのRASTでは小麦・ミルク・オボムコイド・卵黄・卵白の他に、ハウスダストやスギ、犬、猫が調べられていました。


何を調べるかは、先生にお任せしていました。


というよりは・・・初めての子供だし、初めてのアレルギーだしだったので何が何だか分からず、全面お任せしていたという感じです。


「パンを食べたらアレルギー反応が出た」と言ったので、この項目を調べてくれたんでしょうね。当時0歳7ヶ月の終わり頃の出来事です。


rast1


上のようにRASTでは0~6までの7段階あるんですが、当時は卵白がズバ抜けていましたね。棒グラフが「クラス4」に届いています。


クラス0は「陰性」です。上のグラフで見ると「ハウスダストやスギはほぼアレルギーがない」ということになります。


クラス1は「疑陽性」です。「疑わしい」ということですね。クラス2~6が「陽性」です。数字が増えるごとに、重症度が増していきます。


スポンサードリンク


上のグラフでは、卵白が「クラス4」ですから「卵は完全除去」という指示がでました。


卵黄は「クラス2」ですが、「卵黄だけ食べる」のって難しいですよね(^_^;)黄身と白身を分けても、絶対白身がくっついてますし。


それに「検査表がすべてではない」とも教わりましたので。「陽性と出たら食べられない」「陰性なら食べられる」という判断は危険なんだそうですよ。


詳しい体験談などはこちらです。

●食物アレルギーの検査の結果|数値は完全ではない?
●アレルギー検査の数値とクラス 低くても症状が出ることがある?


「検査表より母の判断」かな~と、私も思います。実際、グラフでは小麦が「クラス3」にかかっていますが、当時は何も知らずにウエハースを与えたこともありました。


小麦でできた赤ちゃん用のウエハースでしたが、食べても何も起こらなかったんですよね。今考えると卒倒しそうに恐ろしい話ですが(>_<)


卵白に関しても、現在クラス2で卵黄は1まで下がりましたが調子が悪かったり、疲れている時に卵を与えるとすぐに「唇がかゆい」と言いますし


「卵黄のみ」のマヨネーズを使用しても、やはり「かゆい・・・」と言いますね。でも、ゆでたまごや卵焼きは食べても平気な所まで来ているんです。


よく観察していれば、だんだん分かってきます。なので検査結果は大まかな判断材料として、担当医と母親でよく話し合いながら


今後の方針を決めていくのがよいと思います^^では、今日も頑張っていきましょう!

スポンサードリンク
ブログランキング

「ためになった」と思ったら
応援して下さい(´∀`*)

アレルギーの病気 ブログランキングへ

アレルギー児育児 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。