小豆アレルギー?あんこを食べると痒くなる子供

azuki
大豆アレルギーほど多くはないものの
小豆でアレルギー症状が出る方がいます。
あんこを食べて喉がかゆくなり

「もしかして、小豆アレルギー!?」
というパターンが多いようですね。

症状としては、かゆみの他にじんましんや
腹痛、呼吸が苦しくなる、などが聞かれます。

あんこは和菓子に多く使われ
日本人には馴染みの深い食品ですので
食べる機会も多いと思いますから、大変ですよね。

交叉性に関しても、大豆アレルギーのページでふれたように
大豆、小豆、インゲン、グリンピースなどは
交叉抗原性があるので、気を付けて下さい。

栄養素の部分で大豆と小豆を比べてみると
アレルギーの原因となるたんぱく質は
ゆで大豆が16g、ゆで小豆が8.9gですから

小豆も案外、たんぱく質が多いことが分かります。
大豆は「畑の肉」と言われるように、たんぱく質が豊富なので
小豆にはたんぱく質のイメージがなかったのかもしれません。

大豆の効果といえば、女性に嬉しいイソフラボンや
コレステロール値の低下、美肌、疲労回復などが有名ですが
小豆には、便秘予防や利尿作用があると言われています。

食物繊維やサポニン、カリウム、ビタミンB類などが
小豆の持つ栄養素だからですね。
ですが、小豆を食べられなくても代替食はありますので

スポンサードリンク

医師から除去の指示が出ても、落ち込まないで下さいね。
例えば、たんぱく質なら魚や肉がありますし
和菓子でも小豆あんを使わず、かぼちゃやサツマイモで代用できます。

さつまいもは食物繊維が豊富ですから、便秘予防になりますし
カリウムを多く含み、利尿作用のある野菜なら
スイカやレタス、にんじん、トウモロコシ、梨などがあります。

サポニンはこんにゃくにも含まれますし
大豆製品が食べられるなら、油揚げや納豆、
ゆばなどからも、大豆サポニンを摂ることができます。

この場合は、抗原性に注意して下さいね。
豆類全般がダメな子もいれば、交叉性のあるグループだけがダメ
小豆だけがダメ、粒あんだけがダメ・・・などなど

食物アレルギーは、本当に千差万別ですからね。
確実なのは、血液検査でアレルゲンを特定し、担当医と
「何が除去で何は食べていいのか」を明らかにすることです。

なお「小豆アレルギー単体」というのは稀なため
小児科や皮膚科では検査できない場合もあるそうですが
アレルギー科のある総合病院や、専門の医院で検査は可能です。

IgE検査(即時型)では小豆の項目が無くても
IgG検査(遅発型)には、小豆の項目があります。
「即時型」「遅発型」について、詳しくは

「食物アレルギーの症状と時間|食べてどれ位でどうなるの?」
こちらを読んでみて下さいね。
それでは、今日も頑張っていきましょう^^

スポンサードリンク
ブログランキング

「ためになった」と思ったら
応援して下さい(´∀`*)

アレルギーの病気 ブログランキングへ

アレルギー児育児 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。