節分の豆で大豆アレルギーを起こさない豆まきの工夫

setubundaizuallergy


本来、節分で使う豆まきの豆は
「炒った大豆」と決まっていますが


最近の保育園や幼稚園では、衛生面から
殻付き落花生を撒く所もあるようですね。


しかし、アレルゲンとしては
大豆も落花生(ピーナッツ)も
有名な食材だったりします。


大豆アレルギーが厄介なのは
「大豆アレルギーだと味噌と醤油は使えない?」


このページでもお話ししたように
加熱や、加工することでの変化が
明らかになっていないという部分。


実際、私の知り合い(大人)は
「豆まきの豆だけ喉がかゆくなる」らしく
豆腐や枝豆は平気なんだそうです。


豆まきは、無病息災を祈る
日本の良き季節の行事ですが


アレルゲンを使ってハラハラしては
本末転倒になってしまいますから


幼稚園や保育園に通っている場合は
あらかじめ、豆まきはするのか?
何を使うのか?どこにまくのか?など


園長先生と担任の先生によく聞いて
危険だと感じたら、休ませる事も検討し
家族でも会議して下さいね。


まず、大豆のいり豆をまくのなら
大豆アレルギーの子は参加できません。


「食べなければ平気」
と思うかもしれませんが
触るだけでも症状が出る子もいますし


園児ですから、うっかり食べてしまったり
鼻や耳に入れてしまうかもしれません。


余談ですが、私は子供の頃に
ピーナッツを耳に入れてみたら
取れなくなった記憶があります(^_^;)


おばあちゃんに取ってもらいましたが
子供は何するかわからないですからね。


豆まきの時間だけ参加しないで
他のお部屋で待機・・・
というパターンもありますが


お部屋の中で撒いていたとしたら
拾い残しがあるかもしれないですし


それを誰かが踏んでしまったら
粉々になって吸収してしまうかもしれない。


アレルギーが重篤な子供の場合は
最悪の状況も考えておいた方が
何かあった時に慌てずに済むので


この辺りも、先生にしつこく聞いて
参加する、しないをよく考えて下さいね。


ピーナッツアレルギーの子も同じで
「殻付きだから大丈夫」で済ませずに
殻にさわっただけで症状が出る子もいますから


園と、アレルギー科の担当医と、
家族とでよく話しあって下さい。

スポンサードリンク

節分の豆まきでアレルギーを起こさないために



あんこちゃんの園では、豆は使わず
新聞紙を丸めたものを豆に見立て
鬼役の先生に「鬼は外!」してました。


これならアレルギーの心配ゼロ!
本当に嬉しかったですね~


鬼(先生)も、新聞紙なら
ぶつけられてもさほど痛くないそうで
「一石二鳥よ!」と言ってくれました(T_T)


もしかしたら
「大豆を使ってほしかったな」
というママもいるかもしれませんが


子供の命に関わることなので
どうかご理解いただいて


大豆はご自宅でご使用いただければ
私たちアレっ子家族は助かります。
よろしくお願い致しますm(_ _)m


また「豆を歳の数だけ食べないと
悪いことが起こるのではないか」
と心配される事もあるかもしれませんが


最近では、節分は豆のみならず
恵方巻きや節分ケーキもありますし


いわし料理という手もあります。
鰯は魔除けの意味がありますからね。


どうしても豆が食べたいなら
大豆以外の、違う豆でもいいんですよ。


うちの実家では、落花生もあれば
うぐいす豆もありましたから
大豆を食べなかった年もありますが


特にバチが当たったりしてません(笑)


交差抗原性のない豆にして下さいね。
「大豆アレルギーで除去する豆は?小豆、枝豆、グリンピース?」


詳しくはこちらを読んで下さいね。
それでは、良き節分をお過ごし下さい☆

スポンサードリンク
ブログランキング

「ためになった」と思ったら
応援して下さい(´∀`*)

アレルギーの病気 ブログランキングへ

アレルギー児育児 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。