食物依存性運動誘発アナフィラキシーとは?症状や原因は何だろう?

スポンサードリンク

undouyuhatuanafira

食物アレルギーは、アレルゲンを食べると症状が出ますが
食物依存性運動誘発アナフィラキシーは、アレルゲンを食べた後に
運動することでアナフィラキシーを起こします。

つまり、アレルゲンを「食べただけ」「運動しただけ」では何も起こらず
「アレルゲンを食べた後に運動」すると、激しい症状が出るんです。
不思議ですよね・・・。

原因となるアレルゲンは小麦、甲殻類、果物などが多く
まれに、不特定の食品で症状が出ることもあるのだとか。
また、アスピリンなどの抗炎症剤は「増強因子」と考えられているようです。

割合としては小学生、中学生の12.000人に1人程度のようですね。
給食を食べた後の休み時間や、体育、部活時などに

顔や体のあちこちが痒くなったり、呼吸が苦しくなったりして
病院に行く例が多く報告されているそうです。

症状が出るまでの時間は、30分~2時間以内で
激しい運動は、より出やすい傾向にあるようですが
個人の体調により、ウォーキング程度でも出ることもありますし

疲れている時などは、デスクワークレベルでも発症してしまうことがあり
入浴や飲酒で出ることもあるんだそうですよ。
そういえばうちの子も、入浴中に手足が痒くなることがあります。

もともと、寒暖差でじんましんが出るタイプなので
単に「体が温まったから?」と思っていましたが、もしかすると
娘も食物依存性運動誘発アナフィラキシーなのかもしれないですね。

次に病院へ行った時に、担当医に聞いてみます。
娘の場合は、手のひらと足の裏や甲が痒くなる程度で
アイス枕などで冷やせば、すぐ治まるレベルですが

エピペンを渡される程、重症な子もいるそうですし
意識を失って、救急車で運ばれた例も多々聞きますので
少しでも食物依存性運動誘発アナフィラキシーの疑いのある場合は

必ず検査と治療を受けて下さいね。
検査により、原因となるアレルゲンを絞り込んで
医師から今後の指導を受けることが大事です。

中学生になると、小学生よりも激しいスポーツをする機会が増えますし
親抜きで(友達同士で)食事をすることもあるでしょうから
あらかじめ、よく子どもと話し合っておくようにして下さいね。

食物依存性運動誘発アナフィラキシーは、一生続く例は少ないそうですから
希望を持って、現状できることを最大限していきたいですね。
これは、食物アレルギーも同じです^^

では、今日も頑張っていきましょう!

スポンサードリンク
ブログランキング

「ためになった」と思ったら
応援して下さい(´∀`*)

アレルギーの病気 ブログランキングへ

アレルギー児育児 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 相原 美保 より:

    初めて、コメントさせて頂きます。
    この間、中2の娘が運動誘発アナフィラキシーショックになり救急搬送されました。
    搬送先で血液検査していなくてかかりつけ医でとの指示かかりつけ医で検査していただき結果はいつも口にしている物にまで反応していました。
    これでは食べる物がなくなってしまいます。
    今まで食物アレルギーが出ていないのでどうしたらいいのかわからないでいます。

    • rinrin より:

      美保さん
      はじめまして
      コメントありがとうございました。
      返信がかなり遅れた事をお詫び申し上げます。

      救急搬送されたなんて
      生きた心地がしませんよね
      本当に心配だったと思います。

      コメント頂いてから大分日が経っているので
      色々進んでいる事と思いますが
      食べられるもの、食べられないものがハッキリして
      大変ながらも生活されている事をお祈りします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。